スタッフ紹介

もりえい病院 診療医師                             

森孝郎 森栄病院 理事長

森孝郎 理事長

総合診療・外科・内科・皮膚科
肛門外科・麻酔科標榜医

      日本外科学会専門医
   日本消化器外科学会専門医・指導医
       麻酔科標榜医(認定医)








石黒賀子 医師

菊池学 副院長

外科・内視鏡外科・麻酔科標榜医

増田亨 医師

増田亨 院長

緩和ケア外科

 日本外科学会専門医・指導医
 日本消化器外科学会専門医・指導医
 日本大腸肛門病学会専門医・指導医
 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
 日本救急医学会専門医
 日本食道学会食道外科専門医
 日本緩和医療学会認定医
 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
 日本臨床腫瘍学会暫定指導医
 臨床心理士


石黒賀子 医師

石黒賀子 医師

放射線科

     日本肝臓学会専門医
     日本消化器病学会専門医
     認定内科医

森浩一郎医師

森浩一郎 医師

外科・肛門外科・内視鏡外科
消化器外科・血管外科

日本外科学会専門医

後藤和子医師

後藤和子 医師

内科・婦人科・小児科・健診

もりえい病院 歯科医師

森喜郎歯科医師

森喜郎 歯科医師

一般歯科・小児歯科・口腔外科
矯正歯科

部署紹介

看護部

糖尿病療養指導士

糖尿病治療に最も大切な自己管理(療養)を患者さんに指導する医療スタッフのことを指します。この病院には理学療法士が一人資格取得しています。
この資格に認定されると、糖尿病の臨床における生活指導のエキスパートであることを意味します。
病棟には、療養指導士の勉強をした看護師が在籍しています。

居宅介護支援事業所 わかば

ごあいさつ

若葉は芽を出して間もない葉の事ですが、これからご利用者様、ご家族様と共に幸せな日々が過ごせるように育て行きたいと思います。

我々は以下のことに日々取り組んでおります。

① 介護保険についての相談・申請手続き
② 介護保険サービス利用に向けてのケアプラン作成(居宅介護支援)
③ 在宅介護、施設入所に関する相談・アドバイス

●ご相談受付窓口 月~土曜日/8:30~17:30
         祝   日/8:30~12:30

●電話相談は24時間受付 0594-21-0452


介護部

デイケア・デイサービスにようこそ~

介護部室長ごあいさつ

みなさまの笑顔の為に、職員一同、心をこめてサービスいたします。職員の年齢層は広く、いつも気配り、目配り、笑いが多いことをモットーに皆様をお待ちしています。

【サービス内容】
ご自宅からもりえい病院間の送迎を行っています。(営業実施地域内)

● 送迎

ご自宅からもりえい病院までの送迎を行います。

  • 玄関からの移動や、送迎車への乗り降りにおいては必要な介助を行います。
  • リフト対応車もあります。車イスに座ったまま、送迎車に乗っていただくことができます。

● 入浴

  • デイスタッフにより、着替えや洗身の必要な援助をさせていただきます。
  • 浴槽へは手すりとスロープで入ることができます。
    (必要に応じてスタッフが付添いも行います。)
  • 歩行が困難な場合は、シャワーキャリー(入浴用車イス)に乗っていただいたまま浴槽の出入りができます。

● 食事の提供

  • 管理栄養士配置のもと、病院内厨房で調理した食事を提供いたします。
  • カロリー調整をした食事や、傷病に応じた食事内容にて提供することができます。
  • 主食の変更(やわらかめ、粥)や副食の変更(刻んだおかず、ペースト状のおかず)ができます。

● レクリエーション

  • 毎日、日替わりで、各種体操や、運動性のあるものや頭を使った考えるレクリエーション等を行なっています。
  • 付添いが必要な方には、個別での体操も行なっています。
  • 午後は、個人の趣味を通じた活動をしていただくこともできます。
  • カラオケ機器もありますので、午後から歌っていただくことができます。

● イベント

  • 季節ごとに、各イベントを企画して行っています。
  • 地域のボランティアの方にもご協力していただいております。

年間行事予定例】

2月 節分祭り バレンタインデー 誕生会(1・2月)

3月 ひな祭り

4月 誕生会(3・4月)

5月 母の日プレゼント

6月 父の日プレゼント 誕生会(5・6月)

7月 七夕祭り

8月 夏祭り 誕生会(7・8月)

9月 敬老会

10月 運動会 誕生会(9・10月)

12月 クリスマス会 餅つき 誕生会(11・12月)

  • ボランティアのみなさんによるイベント、大正琴、マンドリン、バイオリン等
  • 音楽療法(毎月)
  • 毎月26日の営業日はお風呂の日(入浴剤入りお風呂の提供)

【利用状況】 

 要支援1・2の方。要介護1から5の方にご利用していただけます。
 日常生活においての必要な機能訓練や、リハビリを提供しています。
 又、食事の提供、必要な援助のもとで入浴、排泄の支援をおこなっています。

 毎利用時、体温、血圧の測定や看護師による健康観察等を行っています。

デイケア

医師の指示のもと、理学療法士等による個別リハビリ、物理療法等の必要なリハビリを行います。

デイサービス

各種体操、創作活動を通じた機能訓練や、地域の方との交流をしていただきます。

デイスタッフ

看護師 介護福祉士 社会福祉士 理学療法士等がサービス提供をさせていただいています。 

栄養科

~栄養科にようこそ~

日々取り組んでいること

入院患者さんやデイサービス(ケア)の利用者様に食事を提供しています。
1. 糖尿病や心臓病などの既往症に対し栄養計算した食事を提供しています
2. 患者さんやデイ利用者さんには料理を常食、刻み食、ペースト食などその方の状態に合わせて提供しています。
3. 緩和病棟には患者さんのタイミングで食べて頂けるように、手作りアイスとシャーベットを作成しています。

栄養科の職員

管理栄養士、栄養士、調理師、調理補助で構成されています。
まず管理栄養士が献立を作り調理師が調理して調理補助と共に盛り付け栄養士が確認して利用者さんのもとへ提供しています。

他部署との連携

1. 入院患者さんの容態を医師や看護師や介護士と話し合い、医師の判断のもと適切な食事を提供するようにしています。
2. デイサービス(ケア)のスタッフと定期的に会議を行い利用者様の意見やデイスタッフとの話し合いのもと食事や提供方法の向上を図っていま
  す。

栄養科の側面

イベント食や行事食など料理で季節感や楽しみを見出せる様に努めて、例えばお正月にはおせち料理を出したり春や秋の行楽シーズンには食事をお弁当風に提供したり夏祭りは利用者さんの前でお好み焼きやカキ氷などを実演して喜ばれます。
その他節分、ひな祭り、土用の丑、七夕など様々な催しを行っています。

栄養指導

医師の判断や患者さんの希望により随時栄養指導を行っています

事務部

私ども事務部は、来院された皆様により良い医療環境を提供できるように日々業務に取り組んでいます。「この病院に来て良かった。」と皆様に思っていただけるように、一人ひとりが「指示待ち」ではなく、「今自分がやるべきことを考え実行できる」職員を目指しています。

リハビリテーション室

リハビリテーション室長あいさつ

患者様を第一に考え、常に最善のリハビリテーションを提供できるよう努力を尽くし、患者さまのQOL(生活の質、人生の質)を高めるお手伝いを心掛けています。

<理学療法とは>

病気・ケガ・その他の障害によって運動機能が低下した状態にある人々に対し、基本的動作能力の回復を目的に、運動を行ったり、電気・温熱・マッサージなどの物理的手段を用いる治療法です。

<理学療法士とは>

理学療法士とは、Physical Therapist(PT)とも呼ばれます。理学療法士を一言でいうならば動作の専門家です。
寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指します。関節可動域の拡大、筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減など、運動機能に直接働きかける治療から、動作練習、歩行練習などの能力向上を目指す治療法まで動作改善に必要な技術を用いて日常生活の自立を目指します。

<当院では次のようなリハビリが受けられます>

■運動器リハビリテーション
肩、膝、腰痛などの疾患が対象です。痛みの解消あるいはその緩和が中心となります。

■呼吸器リハビリテーション
呼吸困難を伴う疾患が対象です。呼吸筋などの能力を最大限に引き出し、呼吸機能の改善を目指します。

■脳血管リハビリテーション
脳卒中などの疾患によって起こった障害が対象です。神経発達学的・神経生理学的治療に基づく運動機能の再学習や、日常生活動作の再獲得を目指します

<理学療法をうけるには>

理学療法は医療行為に位置づけられており、医師の指示に基づいて行なわれます。
ですので、病院の主治医・担当医にご相談ください。
医師が理学療法の必要性を判断した場合に、理学療法を受けることができます。

<外来での診察手順>

1.診察を受診
 医師が理学療法の適応があるかどうかを判断します。

2.医師より理学療法依頼
 理学療法室にて受診

3.理学療法初回目
 問診や運動機能評価などを行い、患者様の現在の問題点を把握して治療プログラムを作成します。

4.理学療法2回目以降
 2回目以降は運動機能の再評価とともに実際の治療を進めていきます。
 治療経過中、運動機能の改善や疼痛の改善、日常生活上の自立など目標に到達した時点で、主治医と相談し理学療法は終了となります。

画像診断室

~画像診断室へようこそ~

画像診断室長よりあいさつ

チーム医療に携わる一部署として、より良い画像を提供し、また患者様への心配り、マナーを欠かすことなく誰からも信頼される部署を作ってまいります。

<機材紹介>

一般撮影装置(フラットパネル)

一般撮影装置では、胸部や腹部、頭部、手足等、全身を対象としています。撮影された画像から骨や臓器の形や腸のガスの状態や骨折部位等、多くの情報が得られます。
当院では最新のフラットパネル装置を採用し、コンピューターで画像処理を行うことによって軟部組織から骨まで豊富な診断情報がスピーディに得られます。
以前に使用していた従来のCR装置より、少ない放射線の量でより鮮明な画像が得られるという患者様にとっても有益な装置です。


デジタル乳房X線装置(デジタルマンモグラフィ)

乳がんをはじめとする乳腺疾患を早期発見するための乳房専用のX線装置です。セルフチェック
ではわかりにくい小さなしこりを検出することができます。当機器は直接変換方式FPD等、最新性能を搭載し低い線量で高画質の画像を撮影・提供することができます。
また、当院ではCADシステムを導入しており、撮影した画像から疑いのある陰影をコンピュータ
にて自動検出することができますので、人為的な見逃しを最小限に抑えることが可能です。



透視撮影装置

透視撮影装置を利用して画像をモニタ画面に映し出し、画像を観察しながらレントゲン撮影を行う検査です。代表的な検査としてバリウムを使った食道、胃、十二指腸、小腸、大腸等の検査があります。

CT(64列マルチスライスCT)

CTはX線を使用し、体の輪切り(断層像)を撮影します。当院の64列マルチスライスCTでは、
より多くの画像を短時間に撮影することができ、それらをコンピューターすることで豊富な情報を得ることができます。
さらに、造影剤を使用した血管系の疾患の検査に優れ、心筋梗塞や狭心症の予防診断を目的とした冠動脈CTや、胸部または腹部の大動脈瘤、下肢の動脈が閉塞する閉塞性動脈硬化症等に対して特に制度の高い検査を行うことができます。

MRI

MRIは大きな磁石を利用した検査です。体のあらゆる部分に対して縦、横、斜め等の多方向の画像が撮影可能です。CT検査に比べ撮影時間が長く、検査音が大きいのが難点ですが、被曝の心配もなく、CTでは発見できない疾患を見つけることができます。
当院のMRIはオープン型のMRI装置であり、閉所恐怖症の方でも幾分か快適に検査が行えるというのがメリットでもあります。

超音波撮影装置

超音波とは、一定方向に強く放射された直進性が高いという性質があります。これを利用して体内の臓器に向けて超音波を発信し、帰ってくるエコーを画像化することにより病変を診断することができます。体に害はなく、妊婦様でも安心して検査を受けることができます。

<注意事項>

妊娠中または可能性のある方は、主治医か技師に申し出てください。また、着衣等に金属類があると、あたかも体の中にあるように見えてしまい診断の妨げになりますので、外していただくか、更衣等をお願いすることがあります。
検査によっては前日から絶食や検査食、薬の服用をお願いすることがあります。造影剤という薬剤を使って検査することがありますが、まれに吐き気、くしゃみ、蕁麻疹等の副作用が出ることがあります。この場合すみやかに適切な処置をすれば心配はありませんので、検査中異常を感じた場合はすぐに申し出てください。
また、以前に造影剤を使った検査で副作用があった片、喘息、アレルギーなどの疾患がある方は事前にお知らせください。分からないことがありましたら、お気軽にお尋ね下さい。

<患者さんへのメッセージ>

私たち放射線技師は、医療被曝の低減を心掛け、より良い画像を提供できるように日々努力しています。

歯科

~歯科へようこそ~

一般歯科のみならず、矯正歯科、インプラント(人工歯根)、腫瘍(嚢胞、腺腫等)摘出術、さらに歯槽膿漏などの口腔外科手術を行っています。

お子様から大人の患者様まで丁寧に、会話を進めながら治療を行っています。

日本医療機能評価機能認定病院
facebook