リハビリテーション室

~リハビリテーション室へようこそ~

リハビリテーション室長あいさつ

患者様を第一に考え、常に最善のリハビリテーションを提供できるよう努力を尽くし、患者さまのQOL(生活の質、人生の質)を高めるお手伝いを心掛けています。

リハビリテーション室長あいさつ

理学療法とは

病気・ケガ・その他の障害によって運動機能が低下した状態にある人々に対し、基本的動作能力の回復を目的に、運動を行ったり、電気・温熱・マッサージなどの物理的手段を用いる治療法です。

理学療法とは

理学療法士とは

理学療法士とは、Physical Therapist(PT)とも呼ばれます。理学療法士を一言でいうならば動作の専門家です。
寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指します。
関節可動域の拡大、筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減など、運動機能に直接働きかける治療から、動作練習、歩行練習などの能力向上を目指す治療法まで動作改善に必要な技術を用いて日常生活の自立を目指します。

当院では次のようなリハビリが受けられます

運動器リハビリテーション

肩、膝、腰痛などの疾患が対象です。
痛みの解消あるいはその緩和が中心となります。

呼吸器リハビリテーション

呼吸困難を伴う疾患が対象です。
呼吸筋などの能力を最大限に引き出し、呼吸機能の改善を目指します。

脳血管リハビリテーション

脳卒中などの疾患によって起こった障害が対象です。
神経発達学的・神経生理学的治療に基づく運動機能の再学習や、日常生活動作の再獲得を目指します。

理学療法をうけるには

理学療法は医療行為に位置づけられており、医師の指示に基づいて行なわれます。
ですので、病院の主治医・担当医にご相談ください。
医師が理学療法の必要性を判断した場合に、理学療法を受けることができます。

外来での診察手順

  1. 診察を受診
    医師が理学療法の適応があるかどうかを判断します。

  2. 医師より理学療法依頼
    理学療法室にて受診

  3. 理学療法初回目
    問診や運動機能評価などを行い、患者様の現在の問題点を把握して治療プログラムを作成します。

  4. 理学療法2回目以降
    2回目以降は運動機能の再評価とともに実際の治療を進めていきます。
    治療経過中、運動機能の改善や疼痛の改善、日常生活上の自立など目標に到達した時点で、主治医と相談し理学療法は終了となります。